ボトックス治療の小顔効果【フェイスラインをきれいに見せる】

サイトメニュー

他の施術も検討する

女医

話しやすいスタッフ探す

ボトックス小顔は顔の中で筋肉が発達し過ぎた部位に使うことで顔を小さくすることができる施術です。エラが張っている顔の形をしている人は、顔の骨格が大きいわけではなくエラの部分の筋肉が必要以上に発達していることが原因になっていることもあります。エラの部分には咬む時に使う筋肉が集中しており、食事をする時に固いものを噛む働きをしていますが、歯ぎしりをする人や歯を食いしばるクセがある人はこの部位の筋肉が他の人よりも強く太くなっていることがあります。食事で使う時に使う筋肉は残しながら、不必要な部分の筋肉の動きをとめることができれば、使われていない筋肉は徐々に痩せていき顔を小さく見せられます。ボトックスには筋肉の動きを麻痺させる作用があるので、それを上手に使えば顔痩せができると言うわけです。しかし筋肉にしか作用を出すことができないので、あごの脂肪が気になる時などは同時に輪郭注射をすると脂肪の燃焼が促進されて小顔効果を出すことができます。あごには筋肉がなくボトックスだけでは効果を広げることができないので、必要があれば他の施術を同時に受けると小顔効果を大きくすることができるでしょう。顔が大きく見えている部位はなにが原因になっているのかを把握することで、対処法がわかってきます。医師の診察を受ける時には、ただ小顔にしたいと言う希望だけでなく、どの部位を変えたいのかを伝えると治療の計画が立てやすくなります。原因によってボトックスだけで小顔にするか、他の施術も同時に行うのかを決めるようにしましょう。ボトックス小顔を受けにクリニックに行く時に注意をしておくことがあります。病気をした時にかかる病院と同じように医師の診察を受けることになりますが、病院と違って美容外科は医師以外の人と話す機会が多くなります。ボトックス小顔について専門的な治療の話をするのは医師ですが、その前に話しをする人は相談員のような医師とは違う人の場合もあります。全ての話を医師が聞いていると診察の時間が足りなくなってしまうので、このような相談員の立場の人に最初に話しをすることになりますが、専門的な話しを聞きたい時には医師の前に相談員の人にも話しておきましょう。実際に医師の診察を受ける時には緊張して言いにくいことも相談員の人にならば話しやすく、自分の気持ちを素直に話すことができると言うメリットがあります。病院でも医師の前よりも看護師などのほうが話しやすいのと同じことです。美容整形では特にプライバシーに関することやコンプレックスに感じていることなどを話す必要があるので、話しが得意でない人は上手に自分の気持ちを説明できないことがあります。特に医師の前では何も言えなくなってしまうと言う人は相談員の人に自分の希望を細かく伝えておきましょう。その上で医師にもその内容を伝えてもらうようお願いしたり、医師との診察時に同席してもらうこともできます。美容整形をする時には治療方針に個人差がでてくるので、自分の気持ちをできるだけ正直に話せることが成功への要因になります。希望を伝えないままにおまかせで行ってしまうと、仕上がりに満足することができないので、話しやすいスタッフを探しておきましょう。

Copyright© 2018 ボトックス治療の小顔効果【フェイスラインをきれいに見せる】 All Rights Reserved.